<沖縄に移住するなら>多拠点シェアハウスという暮らし方

青い海が日常。沖縄で移住したいけど、実際のリアルを知りたい方へ

始めて訪れたのは、学生の頃の旅。青い海の綺麗さと雄大さに、いつか暮らしてみたいと憧れる人も多い沖縄。

「いつかこんなところに住めたら最高だな」と旅する度に思い続けてきたけれど、オンラインでの仕事が当たり前の日常になり、LCCで数千円で移動ができるようになり、生活の自由度が上がり「好きな場所で暮らす」は、数年前よりももっと日常的になりました。

いざ沖縄で暮らしてみよう!でも、何から始めたらいい?私の日常に合うかな?実際の暮らしってどうなの?そんな人に向けて必要な情報をまとめました。

沖縄に暮らすメリットって?デメリットも合わせて紹介

メリット1・交流が好き・のんびりが好きな人にはぴったりの土地

沖縄は、実は都心と比較して地元の人同士での交流が盛ん。多くの人と会話や生活を楽しむことが好きな人にはとってもおすすめです。「ウチナータイム」と呼ばれるのんびりした時間感覚が浸透しているので、ある程度のんびりした、沖縄らしいリズムがあります。そのため、交流が好き・人が好き・ゆっくりした時間軸で過ごしたい人にはぴったり。逆をいうと、そんなに交流は求めていない・時間管理はしっかりしたい。そんな人にはストレスに感じるかもしれません。

メリット2・花粉が飛ばない・梅雨でもずっと雨が降り続けることはない

本州で梅雨といえば、しとしとした雨が1日中ずっと続くイメージですよね。ですが、沖縄の梅雨は少し異なります。スコールのように強い雨がザーッと降ったかと思えば、一気に青空が覗くこともあります。このように時折晴れ間が見えるのは、沖縄の梅雨の特徴。雨がずっと降り続けることがほとんどないので、梅雨の時期でも綺麗な晴れ間が広がることも多いのです。

そして花粉症の方は朗報!実は沖縄では杉やヒノキの花粉はほとんど飛ばないため、花粉症の方もマスクなしで過ごすことが出来るとのこと。花粉症持ちの方にはぜひ想像してほしいのですが、春の花粉の時期にマスクが要らない生活はなんとも言えない感動ですよね…!春の時期だけ、沖縄で暮らす。なんて生活もいいのかも…。

メリット3・青い海と魅力的な観光スポットがすぐ近く!休日の充実度が半端ない

そしてなんと言っても沖縄ならではの最大のメリット。綺麗な海が日常的に隣にある生活は、ここならでは。

暮らすエリアにもよりますが、観光地まで車ですぐのため魅力的なアクティビティや海や美味しい有名なご飯スポットなどが、日常のすぐ隣にあります。休日を充実させたい。自然の近いところで暮らしたい方には沖縄は日本で一番充実した遊び方が出来る場所。綺麗な海で、美味しい料理やおしゃれなカフェで、ゆっくりした自分だけの時間をコーディネートしましょう。

デメリット1・気候の特徴は、好みが分かれる可能性も

沖縄は一年を通して温暖ですが、冬は風が強く、想像より寒いと感じる人も。夏も湿度が高いので、実は曇りの日も多いです。時期によっては台風が多いため、慣れていない人は注意が必要です。

亜熱帯・島特有の「天気予報がコロコロ変わる!(もしくは当たらない)」ということも。前日に見た天気予報が当日全然違う…なんてことも多いので、晴れだと思っていきなりスコールに打たれた!なんてことも日常茶飯事かも。

デメリット2・海の近くよりも、商業施設?生活のしやすさは大事!

田舎暮らしに慣れていない・都心でずっと暮らしていた。という人は、海の近くで田舎暮らし…をいきなり始めるのはちょっと待って!観光や旅行で何もない海の近くで過ごすことと、日常を過ごすことは、ちょっとわけが違います。

特に田舎に慣れていない人は、コンビニが徒歩圏内にない・スーパーが車で数十分…など沖縄では普通のことなのでちょっとした不便さに感じるストレスが多くなるかも。

都市から離れた場所の方だと、コンビニまで車で10分…なんてこともあるので、暮らしやすさをしっかりリサーチするのは結構大切です。

デメリット3・物価が高いけど、平均賃金は安い

沖縄県の最低賃金は762円(2019年)。全国平均の874円・東京都の985円と比べても低いです。大都市と比べると選べる職業の幅も広くはないので、職を見つけることに一困難。ということも移住の壁でよく見られます。海を渡るので空輸料を考えると宅配などの送料も高めなこと、物価は本州よりも若干割高ですので、沖縄で職を見つけて移住したい…と思った時に生活水準が下がる可能性もあります。

沖縄のどこに住む?沖縄エリア別家賃平均とおすすめエリア紹介

沖縄の家賃相場は1Kで5万円前後が平均。浦添市が9.3万円、北谷町が9.0万円など一部エリアは高額ですが他のエリアは5万円前後で単身者の若者でも暮らしやすい価格です。ただ、特徴として沖縄は土地面積がせまいため、エリアによっての地価は高い傾向にあります。

「せっかく沖縄に暮らすなら、海が見えるリゾートっぽい場所で暮らしたい!でも、便利な場所がいい…」北谷町は、そんな願いを叶えてくれる若者に人気のエリア。20代から30代の単身者で、気軽に沖縄移住を味わいたい!という方にダントツおすすめのエリアです。沖縄本島中部の西海岸に位置し、海もあり観光も出来る、人気のスポットがある北谷町は空港からは車で約30分程度の距離です。

大型商業施設がおよそ8店舗あり、小売店数は300を超え、ユニークでおしゃれなカフェや雑貨屋さんなどもたくさん!ここだからこそのグルメな飲食店も多く、食と買い物に困ることはありません。

生活するために必要な郵便局や公民館もあり、スーパーも点在しているので、移住にダントツ人気エリアとして条件の良い賃貸物件はすぐに満室になってしまうそうです。

また北谷町内は米軍関係施設が町の総面積の半分以上を占めているのでちょっとした留学気分を送ることが出来る!なんて移住者の声も。単身で移住をする若者にも人気のエリアで、ワクワクする街並み・海はもちろん、生活に必要なスーパーや飲食店など商業施設も点在しているので住まいに人気。家賃相場は9万円と少し高めですが、シェアハウスであれば光熱費込みで4.1万円で暮らすことが可能!気軽に移住を始めたい。そんな方にはシェアハウスという選択が、おすすめです。

沖縄・北谷でシェアハウスをするなら、「Aien Coffee & Hostel

徒歩2分の場所に宮城海岸がある、異国の雰囲気漂う北谷にあるAien COFFEE & HOSTELは、ドミトリー中心のゲストハウスとコーヒーショップが並列されています。バックパッカーズホームからのご入居なら、最安値4.1万円(光熱費込)で、最短1ヶ月から滞在が可能。こちらのホステル兼シェアハウス、とっても陽気な人当たりの良いオーナーさんと、愛着持って作られたホステルの雰囲気が心地よい空間ですが、なんと言ってもおすすめなのが開放感のあるカフェスペース!

共有スペースとして利用が可能のため、ちょっと作業をしたり仕事をしたい時に利用が可能。美味しいコーヒーと朝食や軽食と一緒に、フリーワークでお仕事。なんていかがでしょう。

気になるお部屋も、ドミトリー中心ですがとても開放感があり、単身で荷物をコンパクトにまとめられる方にはとってもリーズナブル&心地よい空間に設計されています。

スペースは天井が高く、実際にはコンパクトながらに開放感もあります。シェアハウス用にちょっとした収納スペースやキッチンスペース・コインランドリーがあるので、コンパクトにスーツケースひとつでお引っ越しが可能。なんと言ってもシェアハウス利用者は、並列されたカフェをコワーキングスペースとして利用することが出来るので、リモートワーカーやフリーランスには持ってこいの環境設備が整っています。

晴れた日は屋外のデスクでMTG….なんて日も。最高に気持ちが良い環境です。

気軽に移住体験!「多拠点シェアハウス」で好きな場所で暮らす

好きな街で暮らしてみたい、でも。

バックパッカーズホームのサービスは、暮らしの選択を広げるサービスです。

「環境を新しく変えてみたい。でも、仕事があるから。」

「好きな街で暮らしてみたい。でも、その街に馴染むことが出来るか不安」

「いつかここで暮らしたい。でも、お金がかかるから難しそう」

など、新しい環境や場所に飛び込むには少しだけ勇気が必要。でも、少しの勇気と軽やかさがあればもしかしてあなたの人生が広がるかも!どうせなら、好きな場所で、好きな人と、好きな仕事をする。そんな選択を、もっと手軽に体験してみませんか。

「Backpackers Home」のシェアハウスの特徴1・2・3

1・月額33,000円から叶う、好きな場所で暮らす多拠点暮らし

バックパッカーズホームは、沖縄から北海道まで、好きな街で好きなだけ暮らす多拠点生活ができるシェアハウスサービス。沖縄から北海道までバックパッカーズホームとして提携している、9拠点に追加費用なしで拠点の移動が可能です(1ヶ月単位契約)
夏は沖縄で海が近くにある生活を、秋は京都で紅葉の季節を楽しみ、冬は白馬でウィンタースポーツ、春は北海道で新緑の風景に癒されるなど、1年を通して好きな時期に好きな地域で過ごせます。

2・拠点は交流型ゲストハウスがメイン・コミュニティのある暮らしが出来る

礼金・敷金・仲介手数料0円!月33,000円から叶うホステル暮らし
一般の賃貸で必要な、礼金・敷金・仲介手数料は0円。ホステルがメイン拠点なので、家具・家電はもちろん布団の用意も必要ありません。住みたい街にカバンひとつで引越しが可能です。気軽に移住や多拠点暮らしを体験してみたい人にも。

3・オンラインとリアルでつながる安心のコミュニティ

各拠点は交流が盛んなゲストハウスやホステルがメイン。新しい土地では、ワクワクする新しい出会いが待っています。
また、全国のサービス利用者と共通の趣味や話題でつながることができる会員制の公式オンラインコミュニティに招待。毎月開催されるオンラインスクールやイベントを通して、自分の拠点でのつながりだけではなく、全国各地に新しい出会いや繋がりが生まれます。

バックパッカーズホームの運営する沖縄シェアハウスを見る ▶︎

https://backpackershome.kizunaya-s.com/aien/

LINE登録